夢窓国師と瑞泉寺

瑞泉寺は、鎌倉二階堂紅葉ヶ谷の奥に、夢窓国師によって建てられました。夢窓国師が建立された寺、庵は、いずれも景勝の地が選ばれていることで知られています。
ここ瑞泉寺も風光明媚な環境の中に、鎌倉時代末期の嘉暦二年(1327年)に創建され、山号を錦屏山と申します。

夢窓国師(1275〜1351年)は円覚寺開山仏光国師の孫弟子で、鎌倉時代から南北朝時代に円覚寺、南禅寺、浄智寺など五山の住職に就かれること八度、天龍寺、恵林寺など開かれた主なる寺六ケ寺、後醍醐天皇はじめ南北両朝の帝から賜った国師の号は七つ、これにより世に〈七朝の帝師〉と称えられました。

夢窓国師(夢窓疎石)

優れた「作庭家」という一面をもつ夢窓国師

国師は元来世俗の名利に遠い性格でしたが、その徳はおのずから広まり、多くの弟子はもとより、鎌倉時代には北条高時公とその母堂から深く尊崇され、南北朝の時代には後醍醐帝からも足利家からも帰依されました。南北朝の争乱の時代に、南朝の後醍醐帝の冥福を祈って北朝の足利氏が天龍寺を建てたことはよく知られています。国師の道力のなせるわざと申せましょう。足利尊氏公は敬って「仁山」の号を賜り、弟直義公は深く宗旨を問うて「夢中問答」を開版されました。そうした縁により、後に瑞泉寺は鎌倉公方足利家の菩提所となりました。

夢窓国師にはまた、すぐれた作庭家という一面もあります。国師の作庭された美濃の虎渓山永保寺や甲斐の恵林寺、京の天龍寺、苔寺の名で知られる西芳寺の庭園は今日、瑞泉寺庭園ともども、国の特別名勝・名勝に指定されております。

ページの先頭へ